FAQ vo.7 テイスティングとカッピング

テイスティング・カッピング

この二つの言葉を聞いたことありますか?

どちらもコーヒーの官能評価を行う手法なのですが、その時々で用途が変わってきます。今回はこの二つの違いをお伝えしたいと思います。

cupping  

【テイスティング】

言葉のとおり、コーヒーの味わいを評価します。味わいは主に抽出の「良し」「悪し」を評価します。

またテイスティングでは抽出された液体を、比較的短時間に評価します。

「最適な抽出だったのか」「品質管理に問題ないか」などの確認をすることが多く、ひとつのカップに長時間向き合うような判断ではないのが一般的です。

料理に例えるとすれば提供前の味見といったところでしょうか。コーヒーではアレンジドリンクなどは途中で味見できますが、単なるコーヒー抽出では味見ができません。従って抽出後のテイスティングが大切になるのです。

 

【カッピング】

味わいを評価するのはテイスティングと同じです。ただカッピングでは「良し」「悪し」よりもむしろ、素材の個性、焙煎のチェックなど、より原料に近い状態での味覚判断を行います。

これはカッピングの特徴として、粉に直接お湯を注ぎ上澄み液だけをスプーンですくう手法であるため、抽出によるブレが少ないことが大きな要因です。

素材の吟味であるカッピングは、30分〜長い時は60分もかけて時間の経過によるコーヒーの品質を確認します。

テイスティング同様に料理に例えるならば、原料の仕入れチェックといったところでしょうか

カッピングについては、後日より専門的なプロ向けの内容をBARISTAブログでお伝えしていきます。興味のあるかたはそちらもチェックしてみてくださいね

テイスティング、カッピングどちらも大変重要な評価ですが、その役割は目的によって大きく変わります。

カッピングについては神戸北野店でオープンカッピングを近日開催です

 

 

Related Posts

FAQ vo.1 コーヒーが酸っぱい原因と酸味の違い
FAQ vo.1 コーヒーが酸っぱい原因と酸味の違い
こんにちはRIO COFFEE  ヤギですこのブログでは普段お客様からいただくご質問にお答えする中で、より多くのお客様のお悩みも解決できればと思い、綴らせていただきます。 個別のお悩みには若干異なる場合がありかもしれませんが、お客様に...
Read More
FAQ vo.9 同じ豆なのに味が変わる原因
FAQ vo.9 同じ豆なのに味が変わる原因
先日このようなご質問をいただきました。   いつもと同じ豆を淹れたのに、何か味が違う気がするんですけどなんででしょうか?   コーヒーの味が変わる要因は無限にあります。以前のご質問で、湯温の変化についてブログを書いてます。もしまだ...
Read More
FAQ vo.8 【Pour Over】ペーパーフィルターは濡らすべき?
FAQ vo.8 【Pour Over】ペーパーフィルターは濡らすべき?
昨日バリスタさんからいただいた質問です。 このバリスタは海外でバリスタを経験しており、今は日本で働いてるそうです。 そんな彼女からいただいた質問 日本ではプアオーバー(ドリップ)でペーパーフィルターを濡らす店と濡らさない店があります...
Read More

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。

TOP