【いつでもメンバー割5%OFF!(自動適用)】

コーヒーと生きる若い君たちへ

 先日私が尊敬する二人のバリスタによるトークセッション

コーヒーと生きる若い君たちへ贈る 「食・みらい」トークセッション 第二弾

に参加してきました。

大阪 Punto e Linea のバールマン鎌田氏とフリーランスバリスタの石田氏。そこに司会の西谷さんの"今"に対する鋭い問いかけに、二人の柔軟でブレないトークが轟く2時間

 

 

イベント内容がそのままこのブログをご覧になるみなさんにも、何か気づきがあると思うので、記憶の限り紹介したいと思います。

  

ニシタニ:いまの外食って?

 鎌田: 境界線が無くなってきてる。大阪は割烹文化なので、トークが売り。

 石田: コーヒーだとセルフサービスが増えた。最近は品質重視で顧客目線が少なくなった店も目立つのは寂しい

 

ニシタニ:流行と消費 ラテアートってどう?

石田: 求められている、今もそう。だけど品質は最重要!!!

鎌田: 昔からやってるから否定派ではない。喋らないカップルに「うさちゃんだよ〜」って出すと喜ばれることもあるんじゃないかと。。。

 

ニシタニ:お客様のリテラシー、情報

鎌田: ミケランジェロ崇拝しながら少年ジャンプを欠かさず読む44歳

石田: 味にコミットして、見た目だけの商品にならないようにする。時には女子高生の行列にマスクつけておっさん一人でも並ぶ。

    

ニシタニ:二人のこだわり

鎌田:店に来る人はリズムを整えるために来ている。こだわりは人に合わせてナンボ。サービスマンは名前を聞かれてナンボ

石田: プロ意識って大事。おもてなしより、心づくし!!なんでもカテゴライズしたがる人や店が多い。他を否定して自分のアイデンティティを保つなって思う!

 

ニシタニ:若きバリスタへのエール

  • いろんなジャンルの人と交るといいよ
  • コーヒー業界だけで固まるな!
  • 人のいいところを見つけると楽しいよ
  • バリスタは飲食業界、サービスマン
  •  サービスマンは空間マン!自分の自慢の場じゃない
  • 人間力を鍛える
  • カウンターはお客様が通知表
  • お客様を見れば店がわかる
  • 自分がここだけ、この空間では世界一という場所があればコンプレックスは消える

 

彼らはバリスタという言葉が通じなかった当時、いや、もしかしたら今でも飲食・レストラン業界で蔑まれて悔しい思いをしてきたことだろう。「コーヒーしか知らん奴ら」「コーヒーなんかなんでも同じ」「マシン貸してくれるからなんでも一緒」

そんな偏見をお持ちの飲食店経営者は、正直なところ今でもいらっしゃると感じる。

それでも「今に見とけよ!」

どこまでもひたむきに

どこまでも謙虚に

ただ目の前のお客様にベストを尽くして、二人は今も現場の最前線に立っている。

 

バリスタはコーヒーマンである前にサービスマンである。

コーヒーを作ることに一生懸命になることは素晴らしい!

ただそのコーヒーで喜ぶ相手は誰なのか?が重要なのだ

そこに愛はあるのかい?

そんな問いかけを感じた2時間でした

 

しかしおっさん二人がええこと言うてたなぁ〜しかし

ミケランジェロから少年ジャンプまで って...さすが先輩やわ

Older Post
Newer Post

Leave a comment

Please note, comments must be approved before they are published

閉じる (esc)

【NEWS】

経済産業省GXリーグ基本構想賛同企業として掲載されました。

もっとみる

Age verification

By clicking enter you are verifying that you are old enough to consume alcohol.

検索

買い物カゴ

カートは空です
今すぐ購入