COE#14 Honduras Pino de Oro

ホンジュラスシリーズ〜最高級豆〜 国際品評会14位入賞!

 

さすが国際品評会のコーヒー!という味わいです!

一度飲んだ人なら、やはり別格で美味しいね!という感想を

いただくコーヒーです。

このコーヒーは昨年店主も参加していた、ホンジュラス・カップオブエクセレンスの入賞豆です。

審査会ではどのような豆なのかは、全てブラインドされていてわからないのですが、後から確認すると、この豆は時には90点をつけていました。

また、この農園は2010年に販売した当時、店主が物凄く印象に強く残っており、2017年から毎年訪問しています。

今年は残念ながら、新型コロナ感染症の影響で訪問できませんでしたが、買い付け予定していますのでお楽しみに♫

 

【農園情報】

ピノ・デ・オロ農園は、生態保護区にも指定されている

サンタバルバラ山の緩やかな斜面に位置しています。

熱帯雨林をはじめ、その中ではリスやアライグマ、オウムなどの

多様な生態系がそこにはあります。

 

農園主であるオスカー・エドガルド氏は

父親のドン・マーティン氏より、幼少期よりコーヒーについて、学んできました。

 

しかし1998年にマーティン氏の農園はハリケーン ミッチにより

多くの被害を受けました。

そして2006年にマーティン氏が、農園をオヨ・デ・アギタという場所に移し、

農園主をエドガルド氏に引き継ぎ、ピノ・デ・オロ農園としてリスタートしました!

 

そんな彼のコーヒーは、熟したチェリーのみを丁寧に手作業で全て

ピッキングされ、処理場までラバで運ばれます。

山からの綺麗な水で処理され、IHCAFEというホンジュラス国立コーヒー協会のソーラードライヤーで乾燥されます。

そんな彼の徹底した品質管理が最高のコーヒーを生み出します。

 

 

【中煎り】活き活きとした酸、ソースケチャップ、ブルーベリー、クリーミー、ミルクキャラメル

一口目に飛び込んでくる鮮やかで活き活きとした酸!

綺麗で明るい酸はこれぞスペシャルティコーヒーといった感じです。

 

そして熟成されたフルーティなトマト、ブルーベリーのような複雑なフレーバーをもち、飲むごとに色々な風味を感じられると思います。

飲んでいて楽しいコーヒーですね♪ 

 

触感としては厚みがあり透明感も素晴らしく、

後口に広がるミルクキャラメルのような風味が香ばしいです。

 

文章に表しきれないほどの魅力が詰まった

ピノ・デ・オロ農園のコーヒー、飲めばきっとわかるはず!

ぜひ一度お試しくださいませ。

 

商品ページはこちら

Older Post
Newer Post

Leave a comment

Please note, comments must be approved before they are published

Close (esc)

Webpage renewal!

注意!ブラウザの翻訳機能を使用すると日本語が乱れますので、ご注意ください。

Age verification

By clicking enter you are verifying that you are old enough to consume alcohol.

検索

買い物カゴ

カートは空です
今すぐ購入