【新商品】数量限定 パナマ・ベルリナ ゲイシャ ナチュラル

「コーヒーであってコーヒーでないCOFFEE

コーヒー好きな方なら聞いたことがある「ゲイシャ」

今回はパナマ・ボケテ地区オルケタにあるルイス氏のラ・ベルリナ農園ゲイシャナチュラルをご紹介

 

このルイス氏、そうです2016年に販売ルイス氏です!
今回は農園名での販売なので名前は違いますが同じ生産者です
 
<ゲイシャ種とは>
エチオピアのゲイシャ村が起源とされるアラビカ種の一種。村の名前が品種の名前になっており、日本の芸者とは全く関係がない。2004年ベスト・オブ・パナマで破格の値段を付け、衝撃のデビュー以降、最も高値で取引される品種

 

TASTE

 コーヒーとは思えない香水やブランデーような香りです 
とにかく香りだけで満足できるほどの複雑なアロマ

温かいうちはカルバドスやブランデー、オレンジ、冷めてくるとカカオのキャラクターがでてきます

質感はどこまでも伸びる透明感、そして余韻の長い後味です

 

INFORMATION

現在4世代目となるルイス氏は、コーヒー生産に従事する多くの生産者が、先代・先々代からバトンを受け取り、約100年の歴史の中で多くの自然災害や経済危機を乗り越え、地域社会を維持・成長させてきました。


 そうした中で、コミュニティやコーヒーに従事する多くの人々が、次世代へどのようにコーヒー文化を繋いでいくか。そして11人の生活を守り、繋がっていく事ができるか。ルイス氏はこうしたコーヒー生産においてとても根本的で、永続的な課題に挑戦する生産者の1人です。
 

MICRO LOT

パナマにおけるゲイシャ種の発見は2004年に遡ります。翌年、エスメラルダ農園のプライス・ピーターソン氏から生産技術を頼りにプリニオ・ルイス氏の手にゲイシャの種が渡りました。早速、実験的にゲイシャの栽培を開始しますが、デリケートすぎるこの品種の生産は一筋縄にはいかず、本格的なプランテーションができる準備が整ったのは2008年。そして、2010年にようやく5ポンド(2kg強)のゲイシャを収穫する事ができました。

初収穫のゲイシャは想像を超える素晴らしいカップで、4年間の苦労が喜びに変わった瞬間となったそうです。現在は、4つのゲイシャ区画を持ち、今回のNaranjalとともにベルリナのゲイシャは世界中のバイヤーが注目するまでに成長しました。

ゲイシャの持つ素晴らしい風味は、コーヒー生産を次世代へとつなぐ、大きな希望となり、コーヒー生産を持続する上でとても大きな役割を担っています。 

他に代替えがない唯一無二のコーヒーを是非お楽しみください

  

詳細はこちら

Related Posts

【NEW】Colombia Roblar
【NEW】Colombia Roblar
当店では初めてのご紹介となります、 コロンビアはカウカ県トトロ郡のラ・エステラにあるエル・ロブラル農園。 カウカ県はコロンビアではコーヒーの名産地としてとても有名ですが、トトロ郡というと、イメージでは、あの大きな体の妖精を思い浮か...
Read More
Honduras Saturnino Martinez
Honduras Saturnino Martinez
一昨年、昨年と店主が訪問した親交のあるホンジュラスのマルティネスさん。     サンタバルバラ地区のエルセドラル村にて、家族経営で営むわずか1haの大変小さな農園です。 収穫量は多いわけではなく、今回も少量のご用意ですので、完全に...
Read More
Honduras Blanca Rosa 2020
Honduras Blanca Rosa 2020
2017年に店主が訪問しているホンジュラスのブランカローサ農園。 Pablo Castellano氏を中心に17人兄弟で営んでいる農園です。 その農園の大きさはわずか1ha。なんと阪神甲子園球場よりも少し小さいくらいです。   サン...
Read More

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。

TOP