Kenya Ngurueri

Ngurueri Wet MillはKianokomaの生産者のために70年代後半に開設されました。
KianokomaはKenyaの主な生産地域の一つであり、Mt Kenyaの東部に位置しており海抜は約1,760mにも及びます。 
 
Ngurueri Wet Millには現在約1000名のメンバーが在籍しており、各生産者が収穫したコーヒーチェリーを持ち込みます。
収穫されたチェリーはその日の内に一ヶ所に集められ精製処理されます。
高品質のコーヒーをつくるために完熟チェリーのみを選別し、Kapingazi川からくみ上げた綺麗な水で水洗処理しています。
まずチェリーはディスク型のパルパーによって果肉が除去されます。
 
その後パーチメントからミューシレージ(粘液質)を取り除くために一晩、発酵工程を行います。
それから、発酵工程を止めるためにきれいな水につけておきます。
最終工程として、アフリカンベッドの上で約7~15日間乾燥させます。
この時、気候・気温・量に応じて乾燥させる時間を変えています。
好ましくないパーチメントは乾燥工程中に取り除かれます。 
 
 
また生産処理で使用した水は処理場から離れたタンクで一度保管し汚染を防いでいます。
さらにタンクの周りにネピアグラスを植えることで、植物の力を借りて環境に優しく水を自然に還すことができます。
 
Kenya Ngurueriの商品はこちらよりどうぞ!
Older Post
Newer Post

Leave a comment

Please note, comments must be approved before they are published

Close (esc)

Webpage renewal!

注意!ブラウザの翻訳機能を使用すると日本語が乱れますので、ご注意ください。

Age verification

By clicking enter you are verifying that you are old enough to consume alcohol.

検索

買い物カゴ

カートは空です
今すぐ購入