【NEW】Nicaragua BuenosAires Maracaturra Honey

 

ニカラグア ブエノスアイレス農園

毎年大人気のブエノスアイレス農園

 

今回は大粒のマラカトゥーラ種 ハニープロセスのご紹介です。

今年は昨年と違いミディアムダークローストでのご紹介です!(味わいは後ほど記載)

 

【ハニープロセスについて】

私たちが普段目にするコーヒー豆は、

コーヒーノキになるコーヒーチェリーと呼ばれる果実の種です。 

果実は外側から

[皮→果肉→ミューシレージ(粘液質)→殻→種子(コーヒー豆)]という構造です。

コーヒーチェリーを収穫後、コーヒーの種を取り出すために

精製が必要になり、

大きく2種類に大別されます。

 

①ウォッシュドプロセス

buenosaires

皮、果肉、ミューシレージを水で洗い流してから乾燥工程を行う精製方法です。

すっきり透明感のある味わいのコーヒーになるのが特徴です。

 

②ナチュラルプロセス

果実のまま乾燥させる。

華やかな甘い香りをもつ個性的なコーヒー。

そしてハニープロセスとは、ウォッシュドプロセスとナチュラルプロセスの間をとったようなプロセスです。

 

ハニープロセス

果肉のみを除去し、ミューシレージ(写真で光っている粘液質)を残したまま乾燥工程へ進むプロセス

味わいとしても、ウォッシュドよりも個性を持ち、ナチュラルよりも

クリアな印象のコーヒーが多いです。

 

  

【農園情報】

現在4代目にあたるLuis Emilio, Olman兄弟が運営している

カップオブエクセレンス常連のトップスペシャルティコーヒー農園です。

オルマン氏の「Everyday Improve!」という言葉通り、
品質向上には徹底しており、完熟チェリーだけを収穫するようにしています。

 

①さらに未完熟のチェリーが混ざっていないかを確認した後に、ウェットミルに進む。

②パルピングマシーンで果肉除去されたパーチメントは発酵槽に16〜17時間水に浸けられる。

③翌日水を抜いてから水路を通り再度新しい水で洗いながら、同時に比重選別。④その後、車で15分程度のところにあるドライミルへと移動。品種、精製プロセスなどを個々に管理しながら乾燥。


こういったプロセスを経た、Buenos Airesのコーヒー豆は、どのロットも透明感があります。

その結果、ご覧の通り、毎年カップオブエクセレンスに多数のロットが入賞しています。

 

【味】アプリコット、キャラメル、ハニー、オレンジピール

厚みのある食感と、透明感を合わせもち

味わいのバランスが優れています!

アプリコットやオレンジピールのようなフルーツ感。

ハチミツやキャラメルのような甘さ。

明るく、かつクリーミーな触感。

 

今年は昨年までと違い少し焙煎を深くしたことで、より甘さが優しく心地良い素晴らしいコーヒーです!

派手さはないですが、人を選ばず、シーン問わずいつでもお楽しみいただけるような優等生なコーヒーです。

 

ぜひお買い求めいただき味わってください。

購入はこちら

Related Posts

【NEW】Ethiopia・Bensa Logita
【NEW】Ethiopia・Bensa Logita
2020年1月に店主がエチオピア訪問しました。 訪問エリアは2018年に続きChelelectuとBensaそして最西端のShekaです。   今回はエチオピアのベンサについて改めてご紹介します。 ベンサはエチオピアのコーヒーの中でも...
Read More
instagramコミニティ始めます。
instagramコミニティ始めます。
いつもRIO COFFEEをご利用いただきありがとうございます。   新型コロナウイルス感染症の影響で、今まで以上にご自宅でコーヒーを楽しむ方も増えたのではないでしょうか。 私たちの店舗でも休業要請に伴う営業時間短縮や、お取引先様の休...
Read More
【NEW】Honduras La bendicion
【NEW】Honduras La bendicion
2019年、店主がホンジュラスを訪問した際、 現地でのカッピングにて、ユニークな味わいに惹かれて、今回ご紹介するに至りました。  現地では、「なんかニュウニュウしてるね〜」とこの特徴的な味わいを表現していました。 精製はウォッシュドプ...
Read More

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。

TOP